飲食店経営

面接で人材を見分ける方法

現在では飲食店に限らず全ての職場では深刻な「人手不足」です。

しかし、面接時に人間性や性格(大まかなタイプ)など正しく見分けることができず、安易に雇用してしまっては、後々大変な事態を招いてしまう事になります。

そこで飲食店歴20年目の私が、お店で働く人で共通する人間性(性格)をある程度把握できたので、参考になればと思いこれから解説していきます

本記事では以下のテーマで解説していきます。

最初から「〜出来ます!」という人は、すぐ辞める

面接時に色々と聞いてくる人は、厄介者

履歴書の写真が現在より前の物だと要注意

 

最初から「なんでもやります!出来ます!という人は危険

面接時や、仕事を始めたばかりにも関わらず「これは前の職場でやっていました!」や、「それは出来ます!」などアピールを進んでする人(自信過剰)には注意が必要です。

私自身、始めの頃は「気合が入ってヤル気のある人だ」「すぐに頼りになるかもしれない」と思って色々と仕事を任せていました。

しかし、ここは少し距離を置いて注意深く見るべきです。

特徴として「店長が同じ場所にいる時」だけ、やる気を見せてテキパキと働いている可能性があります。店長がいないときに同様(一所懸命)な態度をとるのかを把握するべきです。(店長以外で信頼できるスタッフに観察しておくよう依頼する)

もし店長が不在でも、ちゃんと働いているのなら少し安心しても良いでしょう(これが普通ですが…)

しかし常に毎日が忙しい職場の場合は、そのヤル気が持続出来ずにポキっと気持ちが折れてしまい、耐えきれず急に辞める場合が多くみられます。

恐らく前職が、暇な時間帯が多い環境であった為だと思われます。

常に仕事対して気持ちの継続ができないので、暇な日はスタッフ同士のおしゃべりなどで、気持ちの余裕ができ楽しく働いていたでしょう。

ですが本来は、集中して働かなければ売り上げの低迷、お客さんの減少に繋がります。

やはり、ある程度は常に緊張感をもって仕事をしていかなければなりません。

忙しい日と暇な日が激しい職場自体、経営は危なく”良い職場(環境)”とは言えません。(シフト管理や人材確保も難しい)

将来、職場を失う可能性も出てきます。

暇な日に危機感を感じ対策をすれば、「暇な日」は自然と無くなり、常に忙しくなります。

 

良い環境(忙しい職場)とは、

無駄な会話や作業が減少、効率的に仕事ができるようになり、お客さんに良いサービスや商品の提供ができます。その結果お客さんが増え、利益が生まれ対価としてスタッフの時給も上がり、良い職場(環境)が作られるわけです。

良い職場とは、毎日の売り上げのブレが少なくコツコツと努力を積み上げている環境だと言えるでしょう。

面接時に色々聞いてくる人は要注意

面接時に、待遇面や休日、労働時間の事を細かく聞いてくる人は要注意です

求人誌などに掲載されている内容を見て応募してきたはずなのに、面接時にあえて違う条件を言ってきます。

このような人は、恐らく何かを隠している可能性があります。Wワーク(他の仕事)や障害年金をもらっているにも関わらず働こうとしている場合などがあります。仕事以外の時間を優先にしようとしているので、雇用しても急に休んでしまう、出勤しても何かしら理由をつけて途中で帰る場合が多いです。

そうするとシフト調整がうまくいかず現在のスタッフに迷惑がかかり、ベテランスタッフが辞めてしまう可能性すら出てきます。

また、このような自分勝手な人を雇用してしまい、きちんと指導をせずに甘やかしていると、店長は貴重なスタッフからの信頼も薄まり、立場上危機的な状況になりかねません。

人手不足に焦せりを感じているのは分かりますが、急いで雇用せずにちゃんとお互いの条件が合うまで話し合って採用する事をおすすめします。

履歴書の写真が現在と違う

これは、明らかに「手抜き」です。というか論外ですね。本当にこういう人が結構います。

仕事を手抜きするとは限りませんが、必ずと言っていいほど後に問題を起こします。

そして、辞めていきます。

第一印象を決める大事な面接の場所で、履歴書の写真や内容をごまかして記入すると、最初から信用ができなくなります。

このようなタイプは、働いてすぐには問題は起きません。

大体3ヶ月程度働くと本性を表してきます

自分勝手な行動や、スタッフの愚痴や命令などが増えてきます。その時を見逃さず注意をすれば良いのですが、人手不足のため本当の事を言えない、注意できない上司や店長が多いです。

そのためスタッフ同士の中が悪くなり、仕事ができる人が先に辞めてしまうという事態になる可能性があります。

面接する側は一生懸命、相手の事を理解し仕事内容を詳しく伝えたいわけです。

しかし相手の方がデタラメな内容や、いつ撮影したか分からない顔写真を載せると、「ただの小遣い稼ぎに来ている」(やる気が無い)としか思えません。

一緒に仕事をする以上は、お互いに理解をしていき、信頼関係を築いていきたいと思っていますので、面接する側も、中途半端な気持ちでは来て欲しく無いのが事実です。

まとめ

人材を雇用するときに、一番最初の出会いが「面接」です。これは、ある意味運命的な出会いでもあるわけです。その出会いを大切にし、長く付き合っていく要でもあるので慎重に面接すべきです

決して、人手不足を原因に焦って雇用しないように気をつけるべきです。後にお店(会社)の想いや「理念」も無視され、今まで培ってきたお店(会社)の方向性やお客さんまで失う可能性すら出てきます。私自身、大変な思いをした経験があるので、是非慎重に面接を行ってください。

-飲食店経営

Copyright© 夢ある沖縄弁当屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.